不妊

不妊症が増えてきている

通常は結婚して2年以内に健康な夫婦で妊娠確立90%と言われています。残り10%が不妊と言われています。10人には1人不妊の方がいる状態になります。
現代のストレス社会や結婚が晩婚化されて高齢出産となっているのも原因の1つとなります。
そもそも妊娠とは女性の排卵時期に精子が受精して成り立ちます。
しかし、その排卵が不順になってしまったり。卵が老化してしまっていたり、精子が少なかったり、精子の動きが悪かったりと女性・男性共に原因があります。
特に女性の卵は生まれたときにもう数は決まっていて、男性のように新しい精子が作り出されるものではないので歳をとるにつれて卵は老化します。

 

そうすることによって受精しても成長しなかったりと、妊娠しずらい体となります。
今は婦人科でも気軽に不妊治療ができます。最初はタイミング法。大体7・8回ダメなら次のステップで人工授精!問題がある場合は体外受精や顕微鏡授精などあります。
今は技術も進歩しているので不妊になっても望みは大きいものになっています。