生理痛 改善

生理痛の改善

生理痛

生理痛に悩む女性は多いかと思います。

生理が始まったばかりの小中学生はホルモンバランスも整っていないので、無理もない話しかと思いますが、ある程度の年齢になると落ち着いてくるものなのです。

 

生理痛の原因の1つに冷えがあります。
現代社会は冬だけでなく夏もクーラーなどの使用により、年間通して体が冷えた状態になりがちなのです。冬は寒さを感じることができるので、自分でも対策をとることができますが、夏は暑いからクーラーなどを使うわけですし、冷えはあまり感じない女性も多いのではないでしょうか。

 

おすすめ脱毛

 

しかし冬に向けて、夏から対策をしないとならない体質の方もいますので、年間通して冷え対策はしたほうがいいですね。
では、なにをすればいいのか?ということになりますね。
クーラーなどの過度な使用は控えること、夏でもお風呂にはきちんと入る。体を冷やす食べ物は控えるといったことでしょう。
暑いから体を冷やす食べ物をとるのが本来の夏の食生活なわけですが、それにクーラーを使っていては体は冷えてしまい、生理痛につながってしまうのです。今から来年の冬に向けて冷えない体作り、生理痛に悩まない体作りをしていきましょう。

 

手の甲の脱毛|人気おすすめサロンTOP3

 

産後1年になりますが、未だ生理が決まっておらずバラバラとしており悩んでおります。
授乳を続けているということも原因なのは分かっているのですが、バラバラとしていていつのタイミングでお出かけしようかとかのスケジュールが決まりません。
できることであれば、生理を外しておでかけを楽しみたいので、出産前には色々と工夫をしておりました。結婚式にも来ないようにする為にピルを服用してずらしました。
次の出産を考えると授乳をやめなければいけないなと考えていることや、いつのタイミングで排卵が起こっているかも計算しにくい為、いつになればホルモンバランスが整ってくるのかなと日々ネットで調べたり、友人に相談したりしています。
やはり人それぞれの症状なのでなんとも言えませんが、早く整うといいなと思っております。
また出産はどの位上の子と離れているといいのかなと思っております。あまり近すぎても大変かなと思う反面、一気に子育てが終わるので後から働いたり楽しむことができるのかなと思うと、近くてもいいのかなと思っています。

続きを読む≫ 2014/05/17 16:22:17 妊娠の悩み

通常は結婚して2年以内に健康な夫婦で妊娠確立90%と言われています。残り10%が不妊と言われています。10人には1人不妊の方がいる状態になります。
現代のストレス社会や結婚が晩婚化されて高齢出産となっているのも原因の1つとなります。
そもそも妊娠とは女性の排卵時期に精子が受精して成り立ちます。
しかし、その排卵が不順になってしまったり。卵が老化してしまっていたり、精子が少なかったり、精子の動きが悪かったりと女性・男性共に原因があります。
特に女性の卵は生まれたときにもう数は決まっていて、男性のように新しい精子が作り出されるものではないので歳をとるにつれて卵は老化します。

 

そうすることによって受精しても成長しなかったりと、妊娠しずらい体となります。
今は婦人科でも気軽に不妊治療ができます。最初はタイミング法。大体7・8回ダメなら次のステップで人工授精!問題がある場合は体外受精や顕微鏡授精などあります。
今は技術も進歩しているので不妊になっても望みは大きいものになっています。

 

続きを読む≫ 2013/12/25 12:24:25

PMS

生理が始まったのは小学校高学年の頃でした。

毎月毎月の腹痛に悩み、学校を休んだり1日中寝ていることも多かったので、健康体というほどではありません。成人をして、社会人となり、徐々に自分の生理痛とのつきあいかたがわかり、対策も取れるようになりました。今では、1日中寝こむようなことはありません。ですが、新たな問題がでてきました。
それが、生理前の不調いわゆる「PMS」です。

 

はじめは、月に数回、精神的に不安定で仕事に集中できない日がありうつ病なのだろうかと悩んでいました。
あるとき、どうしても気分が落ち込み涙がでて動けなくなった日があり、これはいかんとついに心療内科に足を運びました。そこでカウンセリングを受けて、うつではなくてPMSなのでは?と言われました。その時に初めてPMSの存在を知り、よくよく考えてみると確かに生理の1〜2週間前は特に気分が優れません。
そして、生理が始まると今までのうつ状態が嘘のようにけろっとするのです。ああ、これか!と私の中のもやもやがスッキリしたと同時に、これからこの病気とどう付き合っていこうか悩んでいる最中です。

続きを読む≫ 2013/12/25 12:19:25

生理痛の程度は人それぞれですし、10代20代は縁のなかった生理痛が徐々に出てきたという方もいらっしゃるでしょうし、その逆パターンの方もいらっしゃるでしょう。痛みが軽いうちは、2日前後我慢すれば何とかなるとひたすら我慢する方もいれば、市販の鎮痛剤を服用して痛みを抑えるという方がほとんどではないでしょうか?

 

最近は鎮痛剤も、バリエーションに富、以前は病院処方薬だった物が市販されるようにもなり、自分にあった鎮痛剤を常用している人も多いようです。もちろん、痛みは我慢する必要はありません。我慢して良くなるものではありませんから。
ただ、痛みの原因を自分で理解しておく事が大前提だと思います。内膜症や子宮筋腫の有無、卵巣膿腫の有無など、生理痛を引き起こす原因は1つではありません。
まずは、婦人科を受診して生理痛の原因をはっきりさせる。そして、医者と相談の上自分にあった対処法を決めて行く事が、自分の身体を守る方法だと思います。

続きを読む≫ 2013/12/25 12:14:25

彼が避妊してくれない、失敗が怖い、そんな悩みを抱える女性は多いものです。コンドームの失敗率は3〜14%といわれます。正しくつけていないとか、劣化とか、いろんな原因が考えられますが、最大で100人中14人が妊娠していると考えると、その多さに驚くのではないでしょうか。

 

確実な避妊手段としてはピルがあります。現在、避妊で使われているのは低用量ですから、昔言われていたような、「避妊効果はあるが、副作用が酷過ぎる」という中用量ピルに比べると、とても使いやすいものになりました。
そのなかでも、内容の違うものがたくさん出ていますので、一度試したけど合わなかったという人でも、新しい薬があるかもしれないので、トライしてみる価値はあります。ピルは避妊効果が高いだけでなく、卵巣を温存できるという効果があるともいわれます。妊娠を望まなくても、毎月、卵巣は排卵し、ホルモンを出し、と働き続けています。ピルを飲むことで、卵巣はその働きをお休みできるので、卵巣自身が疲労しない、ということです。
人工的な薬ですので、副作用がゼロではありません。リスクとリターンを考えて、ピルを取り入れてみるのもひとつの手段です。

 

安い脱毛

続きを読む≫ 2013/12/25 12:07:25